2018年9月26日社会福祉法人青山里会を取材しました!


★大学生・ヤンさんのリポート(日本語・中国語)

社会福祉法人青山里会の取材

 9月26日に私たちは四日市にある社会福祉法人青山里会を見学しました。

 三瀬業務執行理事・施設長へのインタビューを通して、同施設は外国人介護職員数の増加とともに、男性介護職員数も増えてきており、1%に達していることがわかりました。しかし、男性介護者は増加していますが、留学生男子が多い一方で、日本人男子が少ない傾向にあるそうです。同施設は敷地内で学校も経営しており、午前中に働き、午後に勉強することで「働きながら学べる」環境が整っています。

 また、ブラジル人職員森さんのインタビューを通して、利用者を第一に考えて仕事をしていることを知りました。相手の話を聞き、尊重することが利用者の満足する環境づくりに繋がっているのだと感じました。

 今回の取材を通して、同社の温かい雰囲気に感動したとともに、同施設の職員の偉大さを感じました。

参观社会福祉法人青山里会

 9月26日那天我们参观了位于四日市的社会福祉法人青山里会。

 通过对三濑业务执行理事兼设施长的采访,让我了解到了该社会福祉设施的有关情况。伴随着外国看护人员的增加,男性看护人员的数量也随之增加,已占到总人数的1%。但是其中留学生占大多数,而日本男性职员的比例相对较少。该设施内还设有同类专业的学校,“边工作边学习”的教育环境整备齐全。具体是指上午工作,下午上课学习。  

 后来我们还对来自巴西的职员森女士进行了采访。通过对她的采访,让我感受到她对待自己工作的信念是:永远把使用者的需求放在第一位。只有悉心听取和尊重对方的意见,方可创造出使用者满意的环境。 

 通过此次的采访,不仅被该社会福祉法人营造的温暖氛围所感动,还感怀于职员的崇高敬业精神。